So-net無料ブログ作成

広瀬すずさん主演 学校のカイダン 最終回は? [ドラマ]

こんにちは。
 
 
低迷する冬ドラマの中で、健闘した「学校のカイダン」。
放送前は全く評判にもならなかったのに、
いざ始まってみると大健闘。


もちろん、これは広瀬すずさん効果が大きく影響しています。


その学校のカイダンが今日、ついに最終回を迎えます。
 
sddefault.jpg 
 
 
 
 
★学校のカイダンってどんなドラマだったの?★
 
それでは、ドラマ「学校のカイダン」について簡単におさらいしておきます。
 
 
このドラマのメインメッセージは、
 
 
「コトバで世界を変える
       物語、はじまる。」


一人の底辺女子高生が
学校の頂点へ革命のカイダンを駆け上がる!!


つまり、「カイダン」は「階段」ですね。

最初は「怪談」だと思われていたくらいですから。。


その彼女の武器は
「コトバ」=「スピーチ」


歴史の世界では世界が変わるとき、
歴史が動くとき、
常に、「名スピーチ」がありました。
 
 
そして、そのスピーチは決して
そのスピーチをした本人だけが生み出したのではなく、
必ずそれを演出する
「影」の人物がいたと言われています。

人は、彼らを「スピーチライター」と呼びます。


「学校のカイダン」は一人の女子高生と
伝説のスピーチライターとの出会いが
繰り広げる学園ドラマです。
 
04.jpg 



★最終回はどうなるの?★
 
この学校のカイダンは、
毎回、学校側の仕打ちを、生徒会長である広瀬すずさんが
「スピーチライター」である神木隆之介さんの指導を受け、
「名スピーチ」を披露し、一歩ずつカイダンをのぼり
変革していくことで終わる、というお決まりコースでした。

ツイッターなどでは、最後は広瀬すずさんと、
神木隆之介さんは、結ばれてハッピーエンドで終了!
なんていうのもつぶやかれていましが・・・


実は意外な展開となりました。

学校を変革するために支えていてくれたと思っていた
神木隆之介は実は自分の復讐計画のためだけに
広瀬すずさんを利用していただけだったのです
 
 
hqdefault.jpg 
 
 
 

そして、最終回、学校を売り払い一人逃げようとする校長と、
校長を葬りさるという復讐のために、
自分を利用した神木隆之介に対し、最後の戦いを決意します。


最終回は、広瀬すずさんが、スピーチライターであった
神木隆之介の力を借りるのではなく、
自分の「コトバ」でその神木隆之介に戦いを挑み、
学校の廃校に反対する、
というストーリーです。


果たして、広瀬すずさんは、
どのような「コトバ」で彼らと戦うのでしょうか。


結末と感想は放送後に改めて書きますね。


ではでは、学校のカイダン、
最終回、一緒に楽しみましょう!
 




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FXとは

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。